Thursday, October 26, 2017

しら鳥集う瀬戸川の辺(ほとり)は、今、新たな歴史へ

尾張之国、名鉄瀬戸線は名古屋(テレビ塔下の栄駅)と瀬戸(尾張瀬戸駅)のそれぞれの中心市街を30分で結ぶ。
 尾張瀬戸駅を降り立てば目の前に瀬戸川。昔日は陶磁器原料やガラス原料の精製排水で白濁していたが、現在は清流となって小魚が泳ぐ。時折、スッポンや、なぜか錦鯉までも姿を見せ、また、夏には食用蛙がブオーと鳴く声も聞こえる。
 そこへ、餌を求めて様々な鳥が集う。
 自然の風物に親しむことで気持ちもなぜか落ち着く。そこから新たな陶磁器文化が育まれ登場するに違いない。
 千年の歴史に続く新たな郷里の歴史が始まりつつあります。   

Sunday, September 03, 2017

岩屋堂そして三国山/そこは愛知高原国定公園


   コッツウォールズのはずれにあるレイコック・ビレッジ。
 産業革命(18世紀後半~19世紀前半)以前は綿の交易地として栄えたが、炭産地から遠く革命から取り残された。地場産業は衰退し、村はレトロのまま。
 代わって石炭豊富なマンチェスターが世界の工場となって空前の繁栄。
                        ~~~~~~~~~~~~~~~~
    時は遷り、世界の工場は日本そして東アジアに。
 大都会マンチェスターは衰退し、いまや地域再生の課題を担って挑戦中。
 他方、取り残された筈のレイコック・ビレッジのレトロが貴重に。村全体をNational Trustが運営するのだ。
 今、富裕層しか住めない人気の村に。
 週末はレイコックに住んで、ウイークデーはロンドンで活躍する。
 これがあこがれの人生となった。

   岩屋堂そして三国山、いずれも愛知高原国定公園の中だ。
 近くに陶芸の里〝せと&赤津〟 三国山の麓「瀬戸北インター」から東海環状道に乗れば信州へもまっしぐら。
 大都会〝名古屋〟へは瀬戸駅から30分なのだ。
 

Sunday, June 18, 2017

何が大切、時代を超えて栄える底力とは




この作品のメーカー、

全盛を極めた

そういう時期もあったが・・・・・
















 
ふと足を留める

 これは?
どこかで見た・・・

 ここに原型があったのか

 歴史を超えて世界の人をひきつけるのはコレ
       

Sunday, June 04, 2017

オーケストラのある まち〝瀬戸〟第30回記念定期演奏会










 郷土をオーケストラのある まち にしようと、一念発起し、有志が協力しあって瀬戸市民オーケストラを結成。

 初演はベートーヴェンの第九交響曲・第Ⅳ楽章を〝瀬戸第九うたう会〟の合唱とともに。

 翌年から年一回の定期演奏会を重ねて今年は30回目。

 記念公演に是非お出かけ下さい。

Friday, May 05, 2017

学んで繋ぐ世界の潮流〝国連ビジネスと人権に関する指導原則〟

中小企業家同友会全国協議会(中同協)第49回定時総会 in 愛知 7/6~7
   第11分科会へどうぞ ご参加を

 
                                                                                                                
1 人権を生かすビジネスめざす世界の趨勢を知る 

2 この趨勢を憲章・条例の推進運動への補助線として活かす方向を探る 

3 自社での人権実現は?その現在と近未来





【写真】 東アジア版 中小企業憲章 をめざして
2012年9月/ベトナム計画投資省企業開発庁との意見交換 
(愛知同友会&愛知県中小企業研究財団)

Thursday, April 06, 2017

新インダス文明、今、激しく発火


 現代日本やスリランカに広がる般若経。2千数百年前にこれを生み出したのはインドである。その地の人々は、近代に至って、数世紀に及ぶ略奪と侵略から〝不殺生戒〟の教えによる非暴力闘争で独立を勝ち取る歴史をも刻む。
 独立インドは、グローバル化の現代に至って、その人々のエネルギーが露天市場からサイバータウンにまで、つまりピンからキリにまで充ち満ちて溢れかえっている。
 進出したSUZUKI自動車とその現地部品サプライヤーの「成功」が、ニューデリーを大渋滞とスモッグの名所にしている等々、新たな課題をも生み出す「繁栄」ぶりである。
 だがこれは、〝始めの始まり〟に過ぎない。
 13億人の大半が生産年齢層となる人口ボーナス期がこれから始まる。伸びしろが実に巨大なのだ。
 そこで、・・・・ふと、ある予感が・・・。
 インドは今、再びあのインダス文明の繁栄へと激しく発火し始めているのだと。

Tuesday, March 21, 2017

原発やめて40年/この40年で積み上げた非核技術で先進文明

 
 原子力発電所第Ⅰ号を築くもその稼働直前に国民投票。
 稼働OK49.54%、稼働取り止め50.46%。一度も火入れせず廃炉したのは1987年のオーストリア。
 代わる電源を地産資源に求めて40年後の今。
 2017年、視察したのは同国ヴェルスの省エネルギー技術見本市。およそ3,000社の、しかも多士済々の中小企業が、各々その開発技術を競って出展。
 そこには、ペレット(おが粉などを固めた固形燃料/豆粒大なので流動性がある)で電気を起こす小型発電機も。木の国オーストリアならではの地産地消、つまりは家消家産の電源です。
 脱・原子力が生み出した超分散型のエネルギー源体系による新たな文明をみる思い。
 実は日本にも豊富な森林資源が・・・・・

Sunday, January 01, 2017

大地に根ざせばこそ繁りに茂る







 大地に根ざせばこそ、機会を捉えることができる

 抜け目のなさだけで、機会を捉えようとしても、手は届かない。

 営々と大地に根を張り続ければこそ、その手はチャンスを捉える。