Thursday, October 30, 2008


瀬戸市民オーケストラ名曲コンサート/2008年

 この暮、瀬戸で
  ドヴォルザーク 『新世界より』
をどうぞ

      交響曲第9番ホ短調作品95


 わが郷里の瀬戸にはオーケストラがあります。

 アマチュアですが、もう20年以上の歴史を歩み重ね、技量も半端ではありません。オーケストラのある「まち」づくりめざし、瀬戸第九をうたう会で仲間とともに出発を支えた日々は今は昔。よい想い出です。

 来年こそは「新しい世界」を!の元気を瀬戸で充電しませんか。

 一報下さればチケットをお送りします(全自由席1,000円)。 コンサートホールは瀬戸文化センターホール
                          (写真をクリックするとチラシが拡大できます。)

 

Monday, October 13, 2008


日本の秋祭りもナイル川文明から


 10月12日、地元・瀬戸でも秋祭り。各町内では子供獅子を繰り出して町内を練り歩くのが年中行事です。倉庫から出して町内の集会所に飾った雌雄一対の獅子頭は、いつどうやって揃えたものか判らなくなっていますが木彫・総漆塗の立派なものです。

 ところで獅子ってライオンのことだろ。日本の神社では拝殿前の左右に狛犬とか獅子とかの彫像がおかれるのが通例ですが、中国にゆくとやはり宮殿などの門前に阿吽の獅子像が鎮座ましましています。で、もっと西に行って古代エジプトの遺跡をみると、そこでも左右のライオン像が神殿入り口を固めていました。ライオン→獅子→狛犬と幾千年も前から発してエジプト→インド→中国→日本と伝来し、私たちの町内にも。

 もともと世界は一つ。人の文化交流は押しとどめがたく人類存続の底流をなしていることをあらためて実感する秋の日でした。

 

ともに うたいませんか〝第九交響曲〟

 あたらしい歴史ひらく2010年の上海で

 〈時代の潮流が残酷に切り裂いたものを、再び結びあわす。すべての人間は兄弟になる。〉

 第四楽章クライマックスの合唱詩はアジアと世界の過去と未来を示唆しているのでしょうか。

 私どもは、次の国際博が開かれる2010年、開催地・上海での第九交響曲の演奏会を企画いたしました。日本の合唱ボランティアと中国トップクラスのプロオーケストラとが、2005年愛知万博以来の交流の芽を育てあい、日中共同して上海の地でベートーベンの第九を高らかに演奏し唱うのは、人類の文化活動史上はじまって以来の進歩。

 第九だい好きのみなさん、あたらしい歴史を開く人類の一員として、中国の人たちに熱いメッセージを伝えませんか。「すべての人間は兄弟になる!」と。平和が永続しともに繁栄する調和した社会の、こころの礎にもつながるでしょう。

 ともに唱いませんか。あなたの生涯の思い出と歓喜のために。

              写真は上海交響楽団との契約書を交換する瀬戸第九をうたう会代表らと交響楽団の陳総経理