Sunday, January 11, 2009


’09年 明けましておめでとうございます!

 

   変わるときには変る


 一面の耕作地に続く耕作地。百年も千年も続いただろうに。

 ジェイムズワットが蒸気機関を発明するや、「それ毛織物生産だ!」とばかりに農地は一転して羊を飼う放牧場に。景色は一変して牧草地に続く牧草地へ。

 様々な場で、従来の人と新しい人との交代劇があったのだろう。担い手も変わる。

 で、21世紀初頭の世界を席巻した「市場経済原理主義」「ルール(規制)なき自由競争至上主義」の終焉のその先には如何なる世界がひらけるか?

 いや、拓くのか。それは主権者ひとりひとりが自らそしてともに考え、力をあわせて実現するのだろう。2009年の幕開けはトンネルの中ですが、その先の明かりが見えるようです。