Saturday, November 06, 2010

環境の変化への対応力がなければ

強者も必衰!


 大量生産式の製造業基地の役割は、すでに新興国が担う時代となった。


 過去の環境では最強の存在であっても、あたらしい環境への対応ができなければ、滅する他なくなるのだ。


 最強だったことに執着するものは、その化石をかつての弱者の前にさらすこととなる。


 智恵をふりしぼり、変化につとめ、あたらしい存在をめざす。


  

2010年の瀬戸川の辺

次の時代の到来を呼ぶ

大量生産と激しい価格競争の時代を乗り越え、

文化に根ざすあたらしい地域経済づくりへとすすむ

時代が到来しつつある。時は流れる川のごとく進む。

その知らせを聴いて待機し始める。

それを確信して風を呼び始める。